卒園式に着るスーツのデザインや生地の選び方

デザインと着回し

婦人

色が決まったらデザインを選ぼう

卒園式や卒業式に着るためのスーツはネイビーやグレー、ブラックが一般的です。それらの色を選べば基本的に大丈夫だといわれています。しかし、厳粛な式典を行うような園や学校の場合はスーツのデザインやコーディネートにも気をつけた方がいいでしょう。1人だけ浮いたようなデザインで恥をかいてしまう心配もあります。厳粛なところでは清楚な雰囲気や上品な雰囲気が漂うフォーマルな格好が好まれるでしょう。例えば、スカートスーツや、綺麗めな雰囲気のワンピースにジャケットを合わせたようなコーディネートなら心配ないでしょう。

自由な学校ならカジュアルなものもOK

厳粛なところがある一方、自由な雰囲気の学校や園もたくさんあります。そういったところの卒園式や卒業式に参列するという場合は、スーツだけでなくもう少しカジュアルな服装を着ることもできるでしょう。最近ではジャケットとセットアップを組み合わせて着ている人も少なくありません。きちんとした感じはスーツの方が強いですが、ジャケットと合わせることでセットアップもきちんと感が増します。また、組み合わせるアクセサリーや小物で華やかさをプラスしてみるのもいいでしょう。

卒園や卒業の次まで見据えて選ぶこともできる

卒園式や卒業式のすぐあとに、また入学式が控えているということもあります。そうなるとすぐにまた別のスーツが必要になってしまうでしょう。こういったときのために、どちらでも使うことができるようなスーツを購入すると便利です。例えば、卒園式のスーツを選ぶときは合わせることができる華やかなジャケットも一緒に購入しておくといいでしょう。ジャケットや小物の色を変えるだけで雰囲気はガラリと変えることができます。着回しがしやすいデザインを探しましょう。また、使われている生地にも注意するといいでしょう。冬用の生地のスーツを買ってしまうと入学式のときには使えなくなってしまうこともあるのです。着回しできる素材であるかどうかを確認してから選ぶようにしましょう。

選びたいにはオールシーズン使える生地

いつでも使うことができる生地の例として2つの種類を紹介します。
・ツイード
ツイードというのは羊毛をつかった網目のあらい毛織物のことです。100%羊毛のものではなく、ポリエステルと混ぜてあるツイード素材であれば、どんな磁気にも着ることができるでしょう。グレーのツイードスーツやジャケットを1つ持っていれば、白や黒、ネイビーなどいろいろなものと合わせられるでしょう。
・シャンタン
シャンタンは縦と横の糸が違うもので不規則なハリや光沢のある見た目が特徴的です。濃い色でも綺麗で華やかな雰囲気があるシャンタンはスーツの着回しに便利な素材です。

卒園式や卒業式には定番のコサージュ

胸元にコサージュを付けるというのも卒園式や卒業式では定番のスタイルになっています。スーツが暗い感じの色なのに対して、コサージュは明るめの色が好まれるでしょう。例えば、ホワイトやベージュ、ピンクやオレンジなどといった色が一般的です。少しオシャレに拘りたいという場合は、お花屋さんで生花のコサージュを作ってもらうという方法もあります。暗い色にワンポイントでオシャレな華やかさを取り入れて、子どもたちの卒園や卒業をお祝いしてあげましょう。生花のコサージュはおよそ2千円ほどで購入できます。また、合うコサージュがないという場合はロングネックレスなどで胸元に華やかさをプラスしてみてもいいでしょう。

広告募集中